このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

スタッフレポート

2020年9月

「慢性関節リウマチと歯科治療」について、勉強会で発表して

《関節リウマチ》

関節リウマチは炎症を主体とする原因不明の多発性関節炎で、慢性に進行し軟骨、骨の破壊、変形に

至ります。関節のみならず眼、皮膚結節、肺、心臓、血管炎などの関節外症状を表すこともあります。

日本における関節リウマチの発症率は0.3%~1%、好発年齢は30~50歳で女性が男性よりも3~5倍程度

発症します。原因は不明ですが、Tリンパ球が活性化され、関節滑膜に浸潤、サイトカインが滑膜を

増殖、炎症が進行して軟骨や骨の破壊を起こすと考えられています。

《口腔の特徴》

①顎関節の異常(リウマチ性顎関節症)

歯科パノラマレントゲンによる評価では、およそ44%程度に形態以上が認められ、下顎骨関節頭の

平坦化、萎縮、消失が生じます。関節リウマチの進行とともに、半数以上に顎運動時に疼痛を認め、

20%程度に開口障害が起こります。

②不正咬合

痛みや顎関節の変形、固縮などにより、舌や口腔周囲筋の異常緊張が起こり、開口、上顎前突が起こり

ます。

③呼吸困難

顎関節の破壊が起こり、下顎が後退し、気道閉鎖を起こしやすくなり、さらに頸椎の破壊が起こると

睡眠時に無呼吸を起こすことが多くなります。

④口腔乾燥

20~30%の関節リウマチの患者さんは自己免疫疾患であるシェーグレン症候群を発症し、重度の口腔

乾燥を起こします。口腔乾燥は特に多発性のう蝕を起こし歯科で適切な予防処置がなされないと短期間

に歯を喪失します。そのため頻回な口腔管理が必要になります。

⑤口腔清掃不良による歯周病やう蝕の多発

関節リウマチの進行に伴い、上肢の運動障害が起こり、歯ブラシや歯間ブラシなどの清掃器具を使い

にくくなり、口腔内の清掃不良により歯周病やう蝕が多発します

⑥口腔清掃の困難

手指の可動性が制限されるため、歯ブラシの選択や改良が必要になります。

《注意事項》

ステロイド剤を長期に服用していると細菌感染に対する抵抗力が減弱して、歯周病を進行させやすく

なります。 歯ブラシの毛で傷を付けないように、歯ブラシを一度水につけたり、ブラッシングをする

前にうがいをして口の中を湿らせるなどの保湿の工夫や、毛の柔らかいブラシを使用するなどの対応が

必要です。

 

《感想》

関節リウマチの患者さんが歯周病になりやすいので定期的なクリーニングを希望され来院されたとき、

なぜなりやすいのか、気を付けることは何なのかと思い調べました。注意事項を頭に入れて十分に気を

付け、その人にあったTBIをしたいと思います。

                               衛生士 藤元

  2020/09/22   ふくだ歯科